【フィリピン不動産】メトロマニラのコンド購入の決め手3つ。

フィリピン不動産購入-PHILRAIFU

私事になりますが、フィリピンに移住した大きいなポイントは、3つあります。

・物価の安さ

・トラベルし易さ

・ビジネスチャンスがある

ここ数年フィリピンに住んでもちろんその理由は増える一方ですが、上記のポイントは今も変わりません。

ビジネスチャンスという点に関連しますが、特に私が興味を持っているのは不動産です。

他ビジネスと比べてこれが一番利回りが良いとかいう理由ではなく、とにかく不動産物件を回ったり、インテリア店を回ったりする方向に自然と行く自分がいるからです。

そんな私ですが、不動産ラッシュになってるメトロマニラに住んでていて、毎日ワクワクしています。

色んなデベロッパーのプロジェクトや情報をチェックして、自分がこのコンドを買ったらインテリアはこうするとかいう妄想をしています。

そして、今年に入って本格的に購入を検討し、色々な物件を見学し、念願の購入を実現されせることができました〜。ライフゴールを一つ叶えた気がします。(まだまだですが)

これだ!と決めた瞬間を思い出すと今もKiligがたまらない。

フィリピン不動産のブーム

フィリピン不動産投資に大変興味を持っている日本人だけでなく、不動産の投資は簡単な支払いスキームを提供するデベロッパーも多くフィリピン人の間でも、メトロマニラだけでなくフィリピン中はコンドミニアムがあつい。

フィリピン不動産に大変興味を持っているけど、「海外だし心配」、「フィリピン不動産で失敗したくない」、「どういう所を見ればいいかをまず知りたい」という投資に興味がある方だけでなく、

これからフィリピンに移住する方でも、コンドミニアムはどういう所なのかのヒントになればと思っています。

購入したコンドミニアムについて

メトロマニラのタギグ市に位置するヨーロピアンなリゾートの空気が漂うコンドミニアム。スペインのアーキテクチャーに影響を受けているファサードは、こちらのプロジェクトが初となるデベロッパー。

購入までに、近辺のコンドミニアムやデベロッパーと比較し、現地へも何度も足を運び、セールスエージェントと何度も相談、ネゴシエーションをした結果、最終的にスタジオ(25sqm)のユニット+駐車のスロットを購入。

この結論に至るまでのポイントを共有したいと思います。

決め手1: コンドのユニット数が少なく、コミュニティー感が良い

まず一般的にマニラのコンドミニアムは、高層が多く、各階のユニット数も多い。

ロビーやファンクションルームといった共有スペースに重視を置いているデベロッパーも多く、とても豪華に盛られている。

人それぞれのテイストによりますが、日本の生活や住まいに慣れている私にとっては、生活感がなくて少々落ち着かない、人が多すぎて落ち着かない。

私が購入した物件は、3つの8階建てビルからなり、160ユニットのみの小さなコミュニティーになっています。静かで落ち着くし、人の出入りが激しくない。また、敷地の60%はオープンエリア(庭、プールなどのスペース)が占めているため、混雑感は全くしないし、静かさが保たれます。

エージェントの話しによると、これが決め手となった購入者も結構いるみたいです。場所は、ビジネス街から少し離れますが、ジプニーや車で10分ほど離れたところで、ビジネス街のバタバタ感はありませんし、自然に囲まれている感と、サバーバン感もあってリラックス感は売りのようです。

決め手2: 購入にあたり柔軟性のある支払いスキーム

プレビルドの物件は通常、フレキシブルな支払いスキームをオファーしていますが、ほとんどが、3〜4年後に完成予定のコンドミニアムが一般的です。

こちらの物件は、三棟のうち最後の棟を年末完成予定のため、とても柔軟性がある支払いスキームを提供しながら何年も待つ必要がありません。

この物件がオファーしている支払いスキーム

・頭金10%:18か月以内に支払い。

・残高の90%:19か月目から銀行ローンか現金で支払い可能。

今年完成予定ということは、まだ頭金しか支払ってなくても、3〜4年も待たずにすぐに住めるということ。賃貸物件として稼働させることを考えている場合は、まだ頭金の支払いしかしてなくても、すぐに貸し出すことができます。

決め手3: 物件のロケーションの良さ

マニラで一番熱いビジネス街は間違いなく「フォート・ボニファシオ」です。私が購入した物件はここから車、ジプニーで約10分で行けます。遠すぎず、近すぎない距離のちょうど良い距離も決め手1でも上げたようにセールスポイントです。

以前は、フォート・ボニファシオのコンドミニアムに住んでおりましたが、ラッシュアワー時は騒がしい。建設中のビルもいっぱいあるため、家はほこりがたまりやすいし、空気がキレイな感じがしません。

この物件は、オフィス街まで歩ける範囲ではないのですが、結構お店が次々と建ち始めていてランドリー・サービス、コンビニ、パン屋さん、隣には病院があります。また、少し歩いた先には、最近オープンしたばかりの大きなモールは、結構庶民向けのお店が並べられていて値段も安い!ビジネス街で求めているコンビニエスをそのまま体験できるかと思います。

追記

決め手のポイントとしてあげませんでしたが、なんちゃって良かった点も共有します。

ルーフ・デッキがある。初めての見学は夜だったのですが、フォートボニファシオのキレなシティスケープが見えることにも感動。このデッキでバーベキュー・パーティーなんかもしてOKだそうです。

エージェントがおもろい。フィリピン不動産を購入する上で、クセモノだと言われるのは担当者の対応です。土地を購入した友達の話でも、「買うまではいいけど、アフターケアが良くない」というエージェントもいるそうです。私が見学を一緒に回ったエージェントさんは、フレンドリーで、何もしなくても面白いユーモラスなキャラでした。面倒見も良く、私のしつこい相談や質問もすぐに答えてくれます。実は、これで結構癒されています。購入だけでなく、賃貸をお探しの方は、ブローカーさん選びも大切になってきます。

 

【タガログ語解説】フィリピン文化が分かる「kilig」(キリグ)の意味は?
初心者がフィリピンのサーフィンが生まれたバレルに行ってみた

Leave a Reply

Your email address will not be published / Required fields are marked *