【タガログ語解説】フィリピン文化が分かる「kilig」(キリグ)の意味は?

タガログ語解説シリーズでは、フィリピンで使われている面白いタガログ語をハンドピックし、その意味と使い方を解説すると共に、その言葉からわかるフィリピンのおもしろい文化をより理解できればと思っています。

今回のタガログ解説では、オックスフォード英語辞典に追加された「kilig」(キリッグ)の意味を解説していきましょう。

Kiligってどいう意味?

主にKiligはロマンス、恋に伴う使い方をします。

・好きな人を見ると身震いをするほどドキドキ、ワクワクをすること

・興奮すること

こんなシナリオで使われるでしょう。

A: Pinanood ko nanaman yung paborito ko na teleserye.

(ピナノオッド コ ナナマン ユン パボリト コ ナ テレセリエ)

また、私の大好きなドラマ見ちゃったよ。

B: Kilig ka nanaman?

(キリグ カ ナナマン)

また、ドキドキして興奮したんでしょ?

C: Oo, hindi ako naka tulog sa kilig.

(オオ、ヒンディ アコ ナカ テゥログ サ キリグ)

ええ、興奮しすぎて眠れなかったわ。

 

ロマンス好きのフィリピン女性は、Kiligが大好き。

lizquen

フィリピンは、スペイン文化からの影響が強いためか、情熱的なロマンスを求める文化です。これは、国のメディアテイストにも反映されており、ドラマやロマンス系のテレビシリーズが大好きなのです。また、テレビで放送されている大半のドラマは必ずラブ・チームと呼ばれるテレビカップルが大人気。このラブ・チームをシップする(応援する)ダイハードなファンも多く、アメリカのカップルみたいにマッシュアップ・ネームを必ず作ります。例えば、最近人いのラブ・チームを組んでいる女優Liza Soberano (ライザ・ソベラノ)と俳優Enrique Gil (エンリケ・ヒル)通称Quenのマッシュアップの名前をマッシュアップさせて、LizQuenと呼ばれています。

フィリピンのエンタメでは、ロマンチック・コメディやロマンス・ドラマが主要なジャンル。日本の感覚だと可愛いペットや萌え系のキャラを楽しんで、ストレス発散になったり、リラックスしたりすることが一般的ですが、フィリピンでは大好きなラブ・チームのドラマや動画を見て、その二人の世界に入り込みウキウキして、癒されているのです。

【貯金ハック】世界一簡単な貯金する方法:ゲームにしてみた
【フィリピン不動産】メトロマニラのコンド購入の決め手3つ。

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published / Required fields are marked *