【タガログ語解説】フィリピン文化が分かる: 「Conyo」(コニョ)の意味は?

タガログ語解説シリーズでは、フィリピンで使われている面白いタガログ語をハンドピックし、その意味と使い方を解説すると共に、その言葉からわかるフィリピンのおもしろい文化をより理解できればと思っています。

Conyo (コニョ)はどういう意味なのか?

まずConyo (コニョ)というのは、使うコンテクストによって色んな意味を持ちますが、一般的にはフィリピンでの社会階級のグループを表す名詞です。

英語とタガログ語を話す、富裕層の若者を表す意味が一般的でしょう。

このようなシナリオでよく使われるでしょう。

A: Sorry I’m late, the taxi was so tagal.

和訳:遅れてごめん、タクシーが来るのがちょう遅くて。

B: You’re so Conyo.

和訳:あなたって本当にConyo (コニョ)ね。

ここでは、「遅い」や「長い」という意味を持つtagal(タガル)というタガログ語が使われていますが、文を見ると他全てが英単語で、文法も英文法を使っています。このような英語とタガログ語を使っているのが、一般的なコニョ語です。

タグリッシュ(Taglish)と呼ばれるハイブリッド言語は、 フィリピン語とタガログ語を混ぜた話し方をする人のことです。最近では、社会階級に関係なく、このタグリッシュを話す若物をConyoと呼ばれることが多いでしょう。

Conyo(コニョ)はどのようなフィリピン文化から根付いているのでしょうか。

Conyoという言葉は、元々スペイン語のCoñoからきたもので、性器を意味する言葉。スペインがフィリピンを植民地としていた時代にフィリピン人がスペイン人を軽蔑的に呼んでいた時に使われていたとそうです。また、この時代はスペイン人は富裕層を占めていたことから、現代の意味のConyoが富裕層を表す意味をそのまま受け継いでいます。ですが、現代で使われているConyoの意味はほとんど軽蔑的な意味は無くなっています。

最初に少しコニョのイメージをあげて見ましたが、もっと詳しくConyoというキャラクターに対する固定観念を見てみましょう。

・ブランド物にこだわりがあり、身につけるものはほとんど高いブランドの物。

・スターバックスなどのカフェでハングアウトすることが多い

・英語を流暢に話す

・有名な私立大学に通う

などなどがあります。

しかし、最近ではこのソーシャルクラスを表す意味から少しずつ離れ「話し方」を表すことに使われていますので、富裕層ではない人がタグリッシュで話していてもコニョだねと突っ込まれたりするのです。

音楽好きがフィリピンを訪れるべき5つの理由
【タガログ語解説】フィリピン文化が分かる「diskarte」(ディスカルテ)の意味は?

Leave a Reply

Your email address will not be published / Required fields are marked *